BumbleBEEs homeへ 足跡を残してくださいね。 miwakoへのmail BumbleBEEs homeへ  気に入っていただけたらぽちっと拍手を 
about this site * site map * おねがい
 back to previous page

WorldLingo

 >>top  >>bead work basics  >>種類

ビーズの種類について


* ファイヤーポリッシュ
主にチェコ製で、機械でカットされてからオーブンで焼いてつやを出す手法で作られます。キラキラと輝くスワロフスキーに比べて、やさしい輝きのビーズです。写真はチェコファイヤーポリッシュ3mmトパーズです。ファイヤーポリッシュ
* スワロフスキー
オーストラリアのスワロフスキー社で作られるクリスタルビーズで、世界でトップクラスの品質とされます。精巧なカットと鉛の配合により、キラキラと光り輝くビーズです。写真はスワロフスキーラウンドカット、6mmアメジストです。スワロフスキー
* ランプワーク
バーナーでガラスを溶かし、一つ一つ手作りするビーズ作りの手法をいいます。花模様、ライン、ドットなど色、形はさまざまです。チェコ製、イタリア製、中国製、インド製などが多いです。日本では蜻蛉玉(トンボダマ)ともいわれます。ランプワーク
* ビンテージ・アンティーク
30年以上昔〜99年前以内に作られたものをビンテージといい、100年以上昔に作られたものをアンティークといいます。
* キャッツアイ
表面にネコの目のような縦模様の入ったものです。ファイバーオプティックともよばれます。縦線のくっきりしたものほど良質とされます。写真は3mmラウンドキャッツアイラベンダーです。キャッツアイ
* シェブロン
シェブロンはジグザグ模様を意味し、断面にジグザグ模様が見えます。「本物」のシェブロンビーズはガラス製で、4から8色の層になっています。古いシェブロンビーズは西アフリカからやってきます。その昔ヨーロッパで作られ、お金として使われたビーズの一種で(これをトレードビーズといいます。)奴隷の売買にも使われたそうです。同じ重さの金の4倍の価値のものもあったとか。。
* シードビーズ
シードビーズとは「小さいビーズ」という意味で使われます。サンザシの木が名前の由来という説もあるそうですよ。大きさは号数で表され、数字が大きいものほど小さくなります。一般的に使われるのは11号で、日本では丸小ともいわれますね。日本製のデリカビーズは形が一様で、ビーズ織りやビーズ編みに適しています。シードビーズ
* クラックル
透明なガラスの中でわざとひび割れ(クラック)を起こさせたビーズです。ガラスの中でシャンパンの泡がはじけたような、変わった輝きかたをします。クラックル
* 七宝焼き
ブラスや銅の表面にブラスワイヤーなどを貼り付けてセルをつくりエナメルで色付けして作られる、手作りのビーズです。写真はグリーンとレッドのチャイニーズ七宝焼きです。七宝焼き
* デリカビーズ
シードビーズにも分類される、日本製の筒状のビーズです。ビーズ織りやビーズ編みのために作られたものです。形が一様で型崩れを防げる他に、壁が薄いので何度も糸を通すことができるという点が特徴です。デリカビーズ


* * * * * PR * * * * *
初めてでも簡単に
アクセサリーを作れる本
ヴィンテージビーズや
パーツが豊富「Julian」
ビーズと
アクセサリパーツ専門店
「ストロビーズ」






Gallery&Recipes * Tips&Facts * Bead Work Basics * Blog * Links * Guestbook
当サイトにおけるすべてのコンテンツ、画像そのたの
無断複製、無断転載を禁止します。
Copyright(C) 2003-2007 Bumble BEEs All Rights Reserved
Google
Web bumblebees