BumbleBEEs homeへ 足跡を残してくださいね。 miwakoへのmail BumbleBEEs homeへ  気に入っていただけたらぽちっと拍手を 
about this site * site map * おねがい
 back to previous page

WorldLingo

 >>top >>tips&facts >>tool magic

tool magic
 ワイヤーを使ったりピンを丸めたり、クリンプビーズをかしめたり、と、金具を使ったアクセサリーを作るときにはペンチやヤットコといった工具は必須ですが、慣れないとどうしても金具に工具の痕をつけてしまいがちですよね。
 痕がつくのが気になると、十分な力を入れられず強度が落ちるのも心配です。

 で、この「tool magic」というものを使ってみました。もう手放せません。
 薬品の入った瓶の中に工具の先をドボンとつけて、しばらく乾かします。そうすると工具の表面にゴムの膜が出来るんです。この膜のおかげでピンなどに痕がつくのを防いでくれるんです。言うまでも無く、どんなに力を入れても全く痕がつかなくなるわけではないですよ。ゴム膜の下は固い金属ですから。
 ゴムだから滑り止めにもなるんですよ。てか、本当に滑りません。滑りが悪くて、逆にヤットコにピンを巻きつけた後、抜きとりにくかったりもするんです。。で、わたし考えました。ヤットコの一方だけをドボンするんです。そして、ゴム膜のない方をピンを巻きつける軸になるほうに使います。挟む方はゴム膜で保護されていますから、しっかりと固定できます。これなかなかいけますよ。

 説明書きによると、ドボンとしてから乾くまでに1、2時間かかるようで(実際もっと早く乾いてますけど)、わたしは寝る前に古いゴムを取り除き、ドボンと漬けて乾かしておいてます。毎日取り替える必要はないですけどね。

 同様に痕がつくのを防ぐ目的で、プラスティックのキャップをかぶせた工具などもありますが、わたしはそれは使ったことがありません。気になってはいますが。。









Gallery&Recipes * Tips&Facts * Bead Work Basics * Blog * Links * Guestbook
当サイトにおけるすべてのコンテンツ、画像そのたの
無断複製、無断転載を禁止します。
Copyright(C) 2003-2007 Bumble BEEs All Rights Reserved
Google
Web bumblebees