BumbleBEEs homeへ 足跡を残してくださいね。 miwakoへのmail BumbleBEEs homeへ  気に入っていただけたらぽちっと拍手を 
about this site * site map * おねがい
 back to previous page

WorldLingo

 >>top >>tips&facts  >>金属とアレルギーについて

金属とアレルギーについて
 この文書は私自身が調べて納得したものをわたしの言葉で書いていますが、専門家ではありませんので至らない点、認識に誤りのある点などがある可能性があることをはじめにご了承ください。また、この文書が元で生じた不都合に対する責任は負いかねます。気になる点がおありの方は自己判断なさらず早めに専門医にご相談されることをお勧めします。なお、わたしへのご質問は一切お受けしかねます。(すべての質問に正しくお応えする事はできません。)






 金属アレルギー反応は、汗や体液などで溶け出した金属イオンが体内に入り込み異物として認識され抗体ができると、次に同じ金属に接触したときに炎症などを起こす現象をいいます。一度抗体がつくられるとアレルギーを引き起こす原因となる金属(アレルゲン)と接触するたびに皮膚炎を生じ、数年から数十年、時には一生治ることのない病気となります。
p1
p2
 ピアスは皮膚を貫通して身につけるもので、皮下組織に直接金属が接触します。そのため汗や体液によって流れ出た金属が体内に入り込みやすくなっています。
 特にピアスホールを開けて間もない方は、充分な注意が必要です。ピアスホールを開けてすぐは皮下組織に金属がじかにさらされている状態です。開けたてのピアスホールは生傷と同じで、傷口からはリンパ液が出ています。金属アレルギーを起こしやすい、つまり、体液などで溶け出しやすい金属をファーストピアスとして使っていると、溶け出した金属イオンは傷口からどんどん体内に入り込みます。また不衛生な状態でつけっぱなしにしていると、傷口で炎症を起こし、やはり金属イオンが体内に入り込みやすくなります。
今まで属アレルギー反応を示さなかった人が、ピアスホールを開けたことをきっかけに金属アレルギーになることがあります。ピアス未経験者よりもピアス経験者の方が金属アレルギーの割合が多いことも統計的に知られています。だから、ファーストピアスにはアレルギーを起こさないピアスを選択することが重要です。
 また、ピアスホールが落ち着いた後も、装着時に失敗して生傷をつくりそのまま装着していると金属イオンが体内に入り込みやすくなります。
 アレルギーを引き起こす原因となるアレルゲンも、またその反応の程度も個人差が大きく一概には言えないのですが、多くの場合はニッケルが原因となって引き起こされるようです。ニッケルは加工しやすく安値なため、メッキや合金、あるいはメッキの下地に使用されることが多いのですが、他の金属に比べてイオン化しやすいという性質があります。汗をかくと汗に含まれる酸によって容易に溶け出してしまうのです。



家庭用品に使用される金属は単体で用いられる事は稀で、腐食防止、強度を上げる、色合いをよくするなどの目的で合金あるいはメッキなどの加工が施されています。これはアクセサリーについても同様です。たいていアクセサリーに使われている金属は、合金を用い、あるいはその上にメッキを行っています。
p2
 貴金属と他の素材の合金によって色合いを変える事ができます。例えば金と銅の合金メッキがピンクゴールドになります。よって銅にアレルギーのある方は注意が必要です。また、金とニッケル(銀、パラジウム、銅など、業者によって他の金属が混ぜられる場合もあります。)の合金メッキがホワイトゴールドとなります。
 またよく知られているように18金では金の割合は18/24(75%)。残り25%は銀や銅などです。シルバー925も銀の割合は92.5%。残り7.5%は銅などなのです。(ニッケルが含まれる場合もあるそうです。)

 貴金属メッキの種類としては、金、銀、プラチナ、パラジュウム、ロジウム等があります。これらの貴金属自体はアレルギーを起こしにくいのですが、光沢を出すために下地メッキとしてニッケルが用いられることがあります。この場合表面のメッキが剥がれると下層のニッケルが直接肌に触れることになり、アレルギーを引き起こす元となります。



 『サージカル ステンレス スティール』は安全性、低価格の利点から、よく使用される金属です。「サージカル」とは「外科手術用の」という意味です。たいていの方は問題なく使えますが、実際にはごく少量のニッケルが含まれています(アクセサリーでは8%程度)。そのため、アレルギー反応のとくに強い方にはお勧めできません。

 『ニッケルフリー』という表示も誤解を招きがちで、100%ニッケルを含まないというわけではないようです。ヨーロッパのニッケルフリー表示規格はとても厳しく0.05%以上のニッケルは含まれません。アメリカではニッケルフリー表示に規格自体ありません。
 『ニオビウム』は腐食や他の反応に強い金属です。研磨または酸化によりさまざまな色になります。Bumble BEEsでよく使用している銅古美色のニオビウムフック(写真→、アメリカ製)は99.9%純ニオビウム製で、電解酸化により色づけされたものです。(メッキではありません。)また、『ニッケルフリー』です。
ニオビウム
 『チタン』は多くの面でニオビウムと共通の性質をもつ金属ですが、多くは合金です。多くは『ニッケルフリー』で生体親和性に優れており、多くの方に安心してご使用いただけます。
 『樹脂』は金属を含みませんので金属アレルギーに関係なくご使用いただけます。スキーの時などでも凍傷になる心配もありません。しかし滅菌できない、傷がつきやすいなどの理由で雑菌が繁殖しやすいという問題があるようです。『抗菌樹脂』は樹脂に金属の粉末を混ぜるため、金属アレルギー防止とはなりません。
樹脂



 冒頭にも記したとおり、金属アレルギーは一度発症してしまうと、一生ついてまわる可能性のあるものなのです。もし、なってしまったら上手に付き合っていくしかありません。できることなら金属アレルギーにならないのが一番です。金属アレルギーを予防するには
【1】ピアスの穴あけは医師の下で行いましょう。(問題が起きた時の対応のためにも是非。)ファーストピアス、セカンドピアスにはアレルギーフリーで正しいサイズ(余裕のあるもの)のものを選びましょう。とくにファーストピアスには医療用を使いましょう。正しく消毒し、清潔を保ちましょう。
【2】メッキ下地によく用いられるニッケルは汗で溶出しやすいので、メッキのはげたものや色艶が悪くなったものは使用を避けましょう。また、汗をかくような激しい運動時にははずした方がよいでしょう。
【3】金属アレルギーが心配な人は専門医でパッチテストをしてもらい、自分がどの金属にアレルギーを持っているかを知っておくとよいでしょう。アレルギーが確認された金属は使用を避けましょう。
【4】かぶれ、かゆみなどの症状がでたらすぐに専門医に相談しましょう。












Gallery&Recipes * Tips&Facts * Bead Work Basics * Blog * Links * Guestbook
当サイトにおけるすべてのコンテンツ、画像そのたの
無断複製、無断転載を禁止します。
Copyright(C) 2003-2007 Bumble BEEs All Rights Reserved
Google
Web bumblebees