BumbleBEEs homeへ 足跡を残してくださいね。 miwakoへのmail BumbleBEEs homeへ  気に入っていただけたらぽちっと拍手を 
about this site * site map * おねがい
 back to previous page

WorldLingo

 >>top >>tips&facts >>online parts shop

online parts shop
作品やレシピを掲載していると、パーツ(材料)についてのお問い合わせをいただくことがあります。「○○は日本ではどこで買えますか?」という質問もいただいたこともありますが、正直なところ、日本のオンラインショップは本当に詳しくないんですよ。大きいところくらいしか知らないし、あれこれいえるほど利用したこともないんです。アメリカに住んでいたころはアメリカのオンラインショップはよく利用していました。今は、ドイツに限らずEU圏のオンラインショップを開拓しようと頑張ってます。オンラインショップは直接手に取って品定め出来ない分、予想外のものが届くリスクも大きいし、トラブルに巻き込まれる危険もあるのですが、ここフランクフルトのように小さなビーズ屋さんしかないと、必然的に「これはオンラインで探そう、、」ってふうになっちゃうんですよね。
そこで、わたしがオンラインショップを利用するときに注意している事柄をいくつか挙げてみようと思います。

連絡先の確認
まず、はじめて利用するshopでは、少なくとも連絡先(特に電話番号)の記載があるかを見るようにしています。トラブルがあったときに連絡がつかないのはやっぱり困りますから。その番号は本当に正しいのか?という心配も無くは無いですが、さすがに直接電話して確認したことはないです。

試し買いのススメ
それから、はじめてのshopでは、大量買いをしません。まず少量、それもいろんな種類を買ってみることにしています。minimum orderが決まっているときは、それをちょっと越えるくらいだけ。というのは、はじめてのshopで失敗したことがあるからなんです。安いshopをみつけて金具をたくさん買ったのですが、メッキの色がどうも安っぽいんです。本当にたくさん買ってしまって、今でも使われず残っています。(捨てるのもなー、という気がしてね。。)そんなわけで、はじめてのshopでの”試し買い”は必須です。この”試し買い”はそのshopの対応や信頼度を見極める上でも重要だと思いますよ。いろんな種類をと書いたのは、shopによっては○○はダメだけど、××は良い、なんていうこともあるかもしれませんから。

内容確認
注文したものが届いていざ開くときって、わくわくしてすごく幸せですよね。でも、手元に届いたら必ずすぐに明細書とてらしあわせながら内容を確認するようにしています。shopによっては返却や交換に期限が設けられている場合もありますから。一度、フックとアイで1ペアのフックアイクラスプを4組購入したときに、ちょっと変わったデザインのせいもあってか、フックの方ばかり8個届いたことがありました。そのときはすぐに申し出て、交換してもらえました。パッキングは人間がする作業なので、ミスはつきものであり、それ自体はしょうがないと思います。だからミスは早めに見つけて申告しなくては、と思っています。

ビーズは多めに
あとね、ビーズを買うときは必ず自分が使いたいと思っている量よりも多めに買います。わたしはビーズが手元に届いてから、作りながらデザインを熟考する場合が多いのですが、あと数粒足りないから完成できないとか、デザインを妥協しなくては、、というのはなるべく避けたいので。もしかしたらセットで作りたくなるかも知れないですしね。あとで追加して買おうと思ったら、soldoutでもう買えないとなると最悪ですよね。FPなんかでさえも、違うshopで買うと同じ色サイズでも全く大きさや色合いが違ったりしますし。余ったビーズは残しておいて、別の作品で活躍させます。気をつけてはいてもどうしても似た雰囲気のビーズばかり買ってしまうせいか、残り物同士うまく組み合わせて気に入った作品が出来た、ということはよくあります。

天然石
天然石のビーズをオンラインで買うときは、アメリカでは粒単位で買えるところは少なく、(あるいは粒単位で買えるshopでは種類が少ないことが多いので)、買うときはどうしてもストランド(40cm)単位となります。そのため注文するときはほとんど賭けでした。同じshopでも、石の種類によって質がさまざまでしたから。予想以上に良いものが届いたり、一方で使いものにならないものが届いたり。。。日本ではそういうことはあまりないのでしょうか?やっぱり天然石は目で見て買いたいと思うのです。最近はそんなことも言ってられなくなりましたけど。

シルバー金具
もう一つ挙げるとすると、スターリングシルバーのチェーンや金具は、よほど変わったデザインで、そこでしか手に入らないというものでなければ、小さなshopよりは、大きくて回転の早そうなshopで選ぶようにしています。シルバーは変色が早いので、だいぶ前に仕入れたようなものよりは、新しいものの方が良いだろうという思いです。それから、シルバーは大量買いせず、使いきる量+αだけづつ買うようにしています。買った後も、必ず密閉袋に入れて保管しています。

カタログ
アメリカの大きなオンラインショップでは、冊子のカタログがあるshopがいくつかあります。電話帳くらいの厚さのものもあり、かなり見ごたえがありますよ。良さそうなshopだなと感じたら、このようなカタログはなるべく取り寄せます。商品の入れ替わりが早くて、カタログはほとんど参考程度というshopもありますが、それでもいいんです。手元に置いておくと、暇な時間に、webを通して見るよりも手軽にパラパラと見ることができるし、なにより、見ていて楽しいですよ。こんな道具があるのかー、って発見があったりして。カタログに載っているビーズやパーツを見ていてデザインが浮かんでくることもしばしば、です。

おまけ
これは必ずしもショップ選びの必須条件にはなりませんが、おまけをつけてくれるshopってうれしいですよね。アメリカでもおまけをいれてくれるshopはたくさんありました。好みのビーズが入っているのが一番嬉しいのですが、たいてい、自分が選ばなそうな色だったり形だったりすることが多いのです。でも、食わず嫌いということも多々あり、次に試してみようかなと思えるものもあります。すぐに使わなくても残しておくと、意外なところで作品のポイントとして使えたりして、脱マンネリのきっかけになることもありますね。


結局当たり前のことばかりかも知れませんが、ちょっと気にするだけでずいぶん違うと思うのです。できるだけトラブルにあわず、気持ちよくオンラインショップを利用できるといいですね。
[Dec./17/2004]









Gallery&Recipes * Tips&Facts * Bead Work Basics * Blog * Links * Guestbook
当サイトにおけるすべてのコンテンツ、画像そのたの
無断複製、無断転載を禁止します。
Copyright(C) 2003-2007 Bumble BEEs All Rights Reserved
Google
Web bumblebees