BumbleBEEs homeへ 足跡を残してくださいね。 miwakoへのmail BumbleBEEs homeへ  気に入っていただけたらぽちっと拍手を 
about this site * site map * おねがい
 back to previous page

WorldLingo

 >>top >>tips&facts  >>wire bracelet

ワイヤーブレスレットの作り方
wire bracelet少しのビーズとワイヤーで作る、簡単なブレスレットの作り方をご紹介します。

もちろん、デザインも作り方も、miwakoのオリジナルです。


シンプルで、普段でもとっても使いやすいブレスレットが出来上がりますよ。

ファイヤーポリッシュビーズだけでも、こんなに素敵でしょ。

1種類のビーズでも、また、いろいろミックスされてもOK。

入手しやすいファイヤーポリッシュや、グラスパール、天然石など、お好きなビーズでアレンジなさってくださいね。



【必要なもの】
● ワイヤー 26ゲージ (もっと太いものでも出来ますが、まずはこれくらいが扱いやすいと思います。ここではアーティスティックワイヤーを使用しました。)
● ビーズ (なんでも、お好みで)
● クラスプ、ジャンプリング
● やっとこ、ペンチ、ニッパー
● ビーズマットと定規 (ビーズマットは無くても良いのですが、ビーズが滑らない平面が欲しいです。)



【作り方】
wire bracelet 01[1] ビーズマットの上で、定規に沿わせてビーズを並べます。

いうまでもありませんが、穴の方向は横向き(定規に沿う方向)です。

クラスプをつけて約16.5cmに仕上るブレスレットを作る場合、写真のように15cm弱分並べます。
ワイヤー部分は約15.5cmに仕上ります。

長さを変える場合は、
「完成サイズ - 1〜1.5cm(クラスプ分、ジャンプリング込) - 8mm」
分、ビーズを並べます。

ビーズとビーズの間隔は「ほぼ」2mmあけます。

全て4mmのファイヤーポリッシュで作る場合は25個になりますね。


、、と、こんな風に書いてますが、それほど厳密にする必要は無いですから。
お気楽に(笑)。

この作品では、左から、モンタナ、ライトアメジスト、マットクリスタルの3色を順に並べました。
wire bracelet 02[2] ワイヤーの端から3cmのところに、やっとこを使って直径4mmくらいの2重ループを作ります。

ループの根元でワイヤーを交差させ、ループ全体をペンチで挟んで、崩れないように保護します。

2本のワイヤーの交差する角度を広く保つように左手の指で挟みながら、ループを挟んだペンチを半回転ずつ、2回ねじります。

余ったワイヤーを短く切り、引っかからないように、ペンチで切口をおさえます。

wire bracelet 03

wire bracelet 04
[3] 15cm([1でビーズを並べた]長さ)の約4倍の長さでワイヤーを切ります。
今の場合ですと、60cmとなりますね。

ループを作っていない側から、並べたビーズを順に通します。

左右どちらからでもOKですよ。

→ 次のページへ









Gallery&Recipes * Tips&Facts * Bead Work Basics * Blog * Links * Guestbook
当サイトにおけるすべてのコンテンツ、画像そのたの
無断複製、無断転載を禁止します。
Copyright(C) 2003-2007 Bumble BEEs All Rights Reserved
Google
Web bumblebees